So-net無料ブログ作成
検索選択

コシアカツバメ [バードウォッチング]

抱卵が始まったせいか、ツバメもコシアカツバメも池に来る数が減ってしまいました。 彼らはこちらの動きを上空で見張っているのか、何かを食べ始めたり、話に夢中になっていたりすると急にやってきます。 水浴びは1羽が始めるとどさくさに紛れて何羽もやってきて注意力を分散させるし、何もしないで飛び回って囮になるやつまでいます。

_DSC0681.jpg

コシアカツバメは、泥取りにやって来るのは2羽だけになった様です。 それでも比較的頻繁にやって来るので飛翔を撮ってみました。 欲が出て至近距離に来たのを撮りたくなりますが、ファインダーに入りませんし、入ってもピンボケ、ブレ写真ばかり。 素直に少し離れたのを撮った方が綺麗ですね。

_DSC0734.jpg

これはなんで喉のあたりが膨れているんでしょう。 ちょうど鳴き声を出している時のものかもしれません。

_DSC1277.jpg

何か白いものが。 虫かなと思ったんですが、糞の様です。 ツバメもよく池の上で糞を落とします。 カメラに落とさないでね〜

_DSC1110.jpg

昨日は水浴びも撮らせてくれました。 コシアカツバメが水浴びを始めるとツバメが紛れ込んで来て、一瞬どれだかわからなくなります。 ツバメの方を撮ってしまうとその隙にコシアカツバメが水浴びをしてしまいますから、この時はツバメは無視しなくてはなりません。_DSC1111.jpg

キャッチライトが入りました。 昨日は 1/4000秒で撮ってみましたが、ISOを上げなければならず暗部のノイズが気になります。 その割に画像の鮮明さは1/2000秒とあまり変わらず、あまり意味がなかったかも。

_DSC1286.jpg

昔、ガメラ対キングギドラって言う映画がありましたね、あれ、ゴジラ対だっけ?

これは「腰赤対赤耳」ですか。

コメント(7) 

コメント 7

Mitch

いつもながら、素晴らしい写真ですね^^
最後の1枚は、お互いに睨み合っているように見えます^^
by Mitch (2017-05-31 18:11) 

queso

腰赤対赤耳、面白い一枚となりましたね。
そういえば先日訪れた手賀沼で、秋~冬はコガモがとまっていた
杭ではアカミミガメがずらっと並んで甲羅干しをしていました。
すっかりこの亀が主役となった湖や沼は多いのでしょうね。
by queso (2017-05-31 18:32) 

ramblin

大抵の鳥たちは繁殖最盛期には見辛くなりますね。
朝、近所の川沿いを散歩しているとカメラを持った
オジサンが「子連れのカルガモを見ませんか?」と
訊いて来るこの頃です。ちょっとウザったく思い
ます。
by ramblin (2017-05-31 21:29) 

美美

今年、当地ではツバメが少ないように思いますがこれからかなあ・・・
でも駅の監視カメラの上の巣では抱卵が始まったようです。
キングギドラと戦ったのはゴジラかと思いましたがガメラとも戦っているんですね。
by 美美 (2017-05-31 22:25) 

まっちゃん

▶Mitch さん
水辺に降りたかった様ですが、亀がいたのでやめたみたいです。

▶queso さん
親子連れが来て亀を1匹持って帰りたいと言う話をしてました。
外来種なので持って行くぶんには構わないけど、戻さないで、と無責任に答えましたが、20年も生きるのを調べて諦めた様です。

▶ramblin さん
MFではおじさんがカワセミは居るかと煩く聞いていきます。
おばさんは、あんな大きなレンズを使っているんだからカワセミがいるはずと話しています。

▶美美 さん
こちらでもツバメは少なくなりました、コシアカツバメは去年と同じくらい帰って来たのですが。
渡り鳥が減るのは日本だけの都合では無いと思いますが、繁殖地で減るのは避けたいですね。
by まっちゃん (2017-06-01 08:54) 

空楽

ガメラ(カメ)とのツーショットとってもいいですね。
今日も素晴らしい写真ありがとうございました。
空楽(父)
by 空楽 (2017-06-02 07:16) 

まっちゃん

▶空楽 さん
もうちょっと近づいてくれると良かったんですけどね。
でもピントが合っていないのでこのくらいの間隔の方が都合が良い。^^;
by まっちゃん (2017-06-02 07:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。