So-net無料ブログ作成
検索選択

フライキャッチャー [バードウォッチング]

ツバメはFlyCatcher(主にヒタキ類?)の仲間ではありませんが、ハエ(fly)の様なものを捕まえます。

そこでツバメが羽虫を捕まえるところを撮ってみようと4日間ほど粘ってみました。_DSC7509.jpg

飛んでいるところを撮っても殆どが何も咥えていないし、良くても虫を咥えた状態です。

_DSC7450.jpg

_DSC7503.jpg

ひたすら連写し続けると、こんな光景をよく見かけます。(と言うか、撮って家に帰った後で初めてわかるのですが) 虫を捕らえた直後に素早く数回首を振っています。 小さな蜂を捕ることが多い様なので、刺されない様に虫を弱らせているんでしょうか。

_DSC1188.jpg

おっ、虫が写ったのがありました。 でもこの次のコマはもう虫を咥えているんですよね。 秒間10枚ではこの間は写りません。

_DSC8552.jpg

トビ、カラス、コシアカツバメ。

_DSC7628.jpg

ツバメと、コシアカツバメがぶつかりそう。 普通に飛んでいたらぶつかりそうになる事は無いはずなので、こういう時は同じ虫を取ろうとしたんじゃないかと思います。

_DSC0808.jpg

やっと口を開けて虫に近くところが撮れましたが、なかなか虫との距離が縮まりません。 更に連写を続けます。

_DSC7533.jpg

おっと、失礼。

_DSC9792.jpg

あ〜、目の前をスズメが飛んで虫を捕まえたのに、咥えた所しか撮れませんでした。

_DSC8641 (1).jpg

あ〜っと、これは角度が悪い。

_DSC1189 (2).jpg

やっとなんとか虫を咥える瞬間が撮れました。 (オリジナル)

_DSC1189.jpg

(トリミング)少し、ピンボケでブレてますが、これが限界でしょう。

NIKON D500,300mm,1.3倍クロップ、RAW、f4.0、1/3000、ISO400、オートエリアAF(ドットサイト使用) こういう条件なら露出は固定で良いので、一度JPEGでISOをもう少し上げて撮ってみようかな。 それにしても、D500のオートエリアAFは空抜けの時は非常に便利ですね。 向かってくるツバメでもかなりの率でピントが合ってしまいます。


コメント(7) 

コメント 7

Mitch

またずいぶんとハードルを上げましたね。
デジイチで撮るところが味噌ということですが、動画で撮ってコマを抜き出すと、秒30コマができてしまいます^^;
by Mitch (2017-06-18 19:11) 

まっちゃん

▶Mitch さん
こういうのが動画で撮れる様になるといいですね。
by まっちゃん (2017-06-19 08:40) 

queso

燕は飛びながら捕食すると知ってはいても、勿論その姿を肉眼で
リアルタイムに観察するのは人には不可能ですが、写真でここまで
鮮明に瞬間を捉えることが出来るのですね。素晴らしいです。
by queso (2017-06-19 16:01) 

takapy77

ここまでくると、ついていけません。
まあ、偶然虫が写った事は、ありますけど。
狙って撮れるものでは、ありません。
by takapy77 (2017-06-19 18:55) 

ピックアップ

小さな虫とツバメすごい画像が続いて、撮るということは
∞でどれもこれも素晴らしい写真ですね。
by ピックアップ (2017-06-19 19:04) 

まっちゃん

▶queso さん
虫が肉眼で見えればまだ写しやすいのですが、私の目には見えません。^^

▶takapy77 さん
偶然ですね、構図も何も無いし。
昨日なんか3000枚くらい撮りましたが、虫が写っていたのは数枚でした。

▶ピックアップ さん
ただ飛んでいるだけの様に見えてもいろんな事をやっていますね。
by まっちゃん (2017-06-20 06:51) 

美美

開いた口が塞がりません(笑)
ツバメのこういう行動は見かけますが
なかなかカメラで追う事が出きません(^^;
こういうお写真を拝見していると鳥たちの表情がわかって
嬉しくなっちゃいます(∩.∩)
by 美美 (2017-06-20 19:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。