So-net無料ブログ作成
検索選択

キビタキ [バードウォッチング]

_DSC3053.jpg

昨日撮った証拠写真。

今日もう少しましなのが撮れるかと思ったんですが、今日はいませんでした。

MFでキビタキの雄が見られるのは年に1回くらいです。

露出ミスの証拠写真を撮った後、テレコンを付けてさあ本格的に撮ろうと探していると、公園のスタッフが富士山がどうだの防衛大学がどうだのと話しかけて来ます。

煩いので、「野鳥の撮影中です」と断ったのですが、声でキビタキが逃げてしまいました。

何だってこういう年に一度のチャンスの時に限って声をかけてくる連中が多いんだろう。[もうやだ~(悲しい顔)]


_DSC3300.jpg

オオルリやサンショウクイは入って来ませんが、トンボはもう出始めました。

クロスジギンヤンマ。


_DSC4186.jpg

シオカラトンボも出てました。

このメスはもう産卵してました。

でも、周りに雄がいなかったのでポーズだけだったんでしょうかね。


_DSC3925.jpg

ツバメはなかなか数が増えませんね〜


_DSC3613.jpg

ただ、この時期は比較的水飲みや水浴びを多くやってくれるので、待っていればなんとか撮れる様にはなってきました。


_DSC3902.jpg

コシアカツバメは上空には来るものの、池には滅多に降りて来ないのでまだピントが合った写真は撮れません。

写真を整理していると、異常に眠くなって来るのでブログの更新がなかなかできません。[ふらふら]

コメント(6) 

水飲みは突然に [バードウォッチング]

_DSC2998.jpg

ツバメの水飲みの頻度はそれほど多くないのですが、突然現れてやって行くことが多いんですよね。

なので、カメラを向ける事さえできないことが多いです。

_DSC2432.jpg

今は成鳥ばかりで失敗することが無く、すーっと一回やって飛んで行ってしまいます。


_DSC2895.jpg

水浴びは何度かやってくれたので撮れる様になってきました。

来たばかりはコースが定まらなく予測が付きにくかったのですが、こちらも少し慣れて来たのでなんとか撮れました。


_DSC2664.jpg

しかし、水しぶきが多いと水しぶきにピントが持って行かれて中まで入ってくれません。


_DSC2804.jpg

考えてみたらこのカメラでは本格的にツバメを撮っていないかも。

少し設定を煮詰めた方が良さそうです。

昨日はレリーズ優先で撮りましたが、フォーカス優先にすべきかも。

NIKONはPENTAXに比べて周囲のセンサーのピントを保持してくれない様な気がします。

D500から仕様が変わったせいかもしれません。


コメント(10) 

ヒバリ [バードウォッチング]

_DSC1940.jpg

ヒバリが近くに降りました。

日差しが有ると陽炎で揺らいでしまって、連写してもコマごとにピントが変な感じ。

これからは地上の鳥は撮り辛くなりますね。


_DSC1972.jpg

なんか、伸びちゃてヒバリっぽくない。


_DSC1947.jpg

おっ、大サービスか。


_DSC2016.jpg

水辺にはタヒバリがやってきました。


_DSC2033.jpg

肉眼ではよく見えなかったのでヒバリかと思っていたんですが、後で見たらタヒバリでした。

同じ日、同じ場所でヒバリとタヒバリを見られるなんて、ラッキー。


コメント(11) 

カワラヒワ [バードウォッチング]

_DSC1400.jpg

菜種を食べるカワラヒワ。

春らしい感じですね。


_DSC1489.jpg

色被りがひどくて、調整したんですが、もっと黄色か。


_DSC1589.jpg

ん?シメか。


_DSC1505.jpg

アカハラか。

まだ冬鳥が。 アオジの声を聞いた様な気もします。


_DSC1683.jpg

夏鳥はツバメくらいしか見ませんね。

しかし、腕が落ちたのか、水飲み、水浴びは全滅でした。

カワセミの飛び込みでさえ撮れなくなってるし。


_DSC1925.jpg

カシラダカかな、もう少し良く撮ろうと思っていたらカワセミに追い払われてしまった。


_DSC1643.jpg

最近は猛禽が出ないね〜と言っているとチョウゲンボウが出てくれました。


_DSC1668.jpg

こちらは尾羽が生え替わり中なので別個体ですね。


_DSC1776.jpg

もう一種、撮った時はサシバかなと思ったのですが、暗部を持ち上げて見たらしっかりとノスリの模様が有りました。


コメント(5) 

アカエリカイツブリ [バードウォッチング]

_DSC1002.jpg

MFの海岸に行ってみると、アカエリカイツブリの夏羽が見られました。

午前中は曇りで光が良くなかったので、晴れた午後にもう一度行くと、もう居ませんでした。

うまく行きませんね。


_DSC1023.jpg

いつもの公園では今日はどこへ行っても園児がウヨウヨ、ツグミも居る場所がなくなった様で、人が居ない狭い草地にかたまって居ました。


_DSC1034.jpg

まだシロハラも居ますね。


_DSC1079.jpg

午後になっても園児が居なくならないので諦めて海岸に行きました。

クロサギの色合いが少し違いますね。

オスとメスでしょうか。


_DSC1303.jpg

ヒメウの婚姻色も撮りたかったのですが、近くに来ないし天気も良く無い。


_DSC1127.jpg

ユリカモメがガングロになってました。


_DSC1050.jpg

これは何かな。

鉄柱の大きさを揃えて見ました。

ユリカモメよりちょっと大きい感じで、カモメですかね。


コメント(7) 

ツバメ [バードウォッチング]

風邪は良くならず、医者に行って見たら、気管支炎と言う事に。
抗生物質を飲み始めたらだいぶ良くなりました。
まだ声が変ですが、天気の良いのとツバメが来ていると言う情報に耐えきれず出かけてみました。

_DSC0688.jpg
今日から巣材を集め始めた様です。

_DSC0721.jpg
近所では飛んでいないので、今年は少ないんだか多いんだかよくわかりません。
いつもの池の周りには多い時は7、8羽居た様な気がします。

_DSC0791.jpg
池には珍しくキセキレイも来ていました。

_DSC0899.jpg
コシアカツバメももう来ています。

_DSC0921.jpg
今日確認できたのは3羽。
まだ水飲み、水浴びは殆どしませんが、これからが楽しみです。


コメント(13) 

テレコンテスト [撮影機材]

何だか変な風邪に捕まってしまったようで、なかなか回復しません。
進行が遅く熱はあまり出ないのですが、咳がひどくて困る。
関係が無いのかもしれないけど腰痛が出てなかなか治らない。
やっと良くなりかけた様な気がしますが、ヒノキの花粉も飛んでいるせいか、症状が良く把握できません。
もう少し養生しないといけません。

そんな訳で、以前から気になっていたテレコンの解像度を検証してみることにしました。
被写体は約50m先の電柱のボルトです。
カメラはNIKON D500、使用レンズはAF-S Nikkor 300mm f/4E PF ED VR。
テレコンはAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIとAF-S TELECONVERTER TC-20E IIIです。
三脚に据え、ISO400、絞り解放で背面液晶で手動で拡大ピント合わせをしました。
何枚か撮った中の最高の解像度のものを使用しています。
シャッター速度は1/500~1/2000秒です。
手ぶれ補正をかけるとフワフワと画面が動き回るし、補正をOFFにすると手ぶれでAFが合わせられなくなるくらい振動します。
なのでもう少し高速のシャッターにしたかったのですが、曇りなのでしょうがないです。

1.0等倍.jpg 1.4等倍.jpg 2.0等倍.jpg
中央部分を拡大しました。
左からテレコン無し、1.4倍テレコン使用、2.0倍テレコン使用の等倍写真です。
前に比べた時は2倍テレコンには無理が有る様な気がしていましたが、これを見る限り十分解像してますね。

写真は通常等倍では使わないので、トリミングして同じ大きさの画像になる様にして見ました。
この時、縮小率が整数分の1だったりすると他の縮小率の場合より画質が良くなってしまうので、全部が中途半端な縮小率になる様トリミングしてみました。
1.0_0.59倍.jpg 1.4_0.42倍.jpg 2.0_0.3倍.jpg
左からテレコン無しを0.59倍に縮小、1.4倍テレコン使用を0.42倍に縮小、2倍テレコン使用を0.3倍に縮小。
これは殆ど差がありません。
せっかくテレコンを使用しても等倍近くで使わないとメリットが出ませんね。

1.0_2倍.jpg 1.4_1.4倍.jpg 2.0_1倍.jpg
左からテレコン無しを2倍にデジタル拡大、1.4倍テレコンを1.4倍にデジタル拡大、2倍テレコン使用を等倍で表示。

今まで、テレコンを使ってもデジタルで拡大したのと大差無いと思っていたのですが、今回ははっきりテレコンの良さが出た様です。
手ぶれや、正確なピント合わせ等の条件を厳密に試験すればテレコンの利点は有りそうです。
しかし、実際の使用となると、手持ちで300mを1/2000秒で使用できるのと600mmで1/500秒でシャッターを切るのとでは大きな差が出そうですし、AFの精度も変わるので性能を活かしきれていないんでしょうね。


コメント(8)