So-net無料ブログ作成
検索選択
バードウォッチング ブログトップ
前の10件 | -

一日中曇り [バードウォッチング]

天気予報も天気実績も一日中晴れになっていますが、実際のところは一日中曇り。 気温はそれほど高く無いけど湿度が高く歩きにくい1日でした。

_DSC0565.jpg

前を横切る猫。

_DSC0909.jpg

毛が抜け変わる時期ですかね。

_DSC0946.jpg

あ〜あ、鳥もいないし、退屈だにゃ〜

_DSC0873.jpg

あまり天気は良く無いのに、虫がたくさん出ています。

_DSC0740.jpg

小さな虫を追って、ツバメ、コシアカツバメが飛び回っていました。

_DSC0899.jpg

やっと1羽だけ見つけた、今時らしい鳥。

_DSC0967.jpg

コサギが壁際で効率良く魚を捕まえていました。

_DSC1049 (1).jpg

これは〜

_DSC1051 (1).jpg

ホオジロでいいのかな。


明日はもうちょっと渡りの鳥が出るのを期待して、別なところに行ってみます。

コメント(6) 

カワセミ [バードウォッチング]

_DSC0312.jpg

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRはあまり解像度が良く無いんですかね。 トンボの複眼があまりはっきり写りません。 CANONの安いズームレンズ(55-250)の方が良いかも。 撮影倍率がちょっと違うけど。 borgとG1の時はトンボの複眼が綺麗に解像してました。 PFレンズと相性が悪い被写体なのかも。

_DSC0314.jpg

秋めいて来ましたね。 でもまだ蝉の声がして小鳥の声をかき消しています。

_DSC0342.jpg

久しぶりにカワセミが見えるところに出て来ました。 糞をしたり。

_DSC0363.jpg

ホバリングしたり。

_DSC0400.jpg

この三角岩までくれば、かなり慣れています。

_DSC0427.jpg

大きい獲物を捕ったと思ったのですが、最近は大きなのを捕ったのを見ていないせいか、他では小物のうちですよね。

_DSC0443 (1).jpg

今までカメラマンを気にして出て来なかったのではなく、猛禽が気になっていたのかもしれません。 オオタカが落ちて来る様な場所ですからね。

コメント(10) 

 [バードウォッチング]

今日はタカの渡りを期待しましたが、出ませんでした。

_DSC0212.jpg

遠くの方にミサゴが。

_DSC0216.jpg

これも遠くの方にハヤブサらしき鳥が。

_DSC0236.jpg

小鳥も居ないし、諦めて帰りかけたところ、比較的近くにツミが出てくれました。


_DSC0095.jpg

あまりに少ないので昨日のMFの写真を。 曼珠沙華が咲き始めましたね。

_DSC0099.jpg

白花も今年から始めた様です。

_DSC0106.jpg

空を見上げていても、飛行機が通る頻度の方が高いくらい。

_DSC0131.jpg

やっとサシバが遠くの方を飛びましたが、渡りと言えるかどうか。

_DSC0137.jpg

トビがたくさん地面に降りて居ました。 何をしているのかと思ったら、ミミズを食べているんですね。 中にはカラスが見つけたのを横取りする者も。 ミミズを食べている写真は間近で撮れたんですが、ちょっと気持ち悪いので、掲載不可でした。


コメント(7) 

食べ物はそれぞれ [バードウォッチング]

昨日は天気予報の降水確率0%を信用して出かけましたが、しっかり降られてしまいました。 サドルは濡れてしまうし。

_DSC9370.jpg

ミサゴが魚を掴んで山の上を飛んで行きました。 例によって魚の空気抵抗が少なくなる様に掴んでますね。


_DSC9446.jpg

今日は風向きも良く、天気も良く、何か猛禽が渡るかと期待したのですが、ノスリとチョウゲンボウが飛んだだけでした。 チョウゲンボウは何か掴んでいます。

_DSC9450.jpg

あっ、落としました。 良く見るとアブラゼミの様です。

_DSC9476.jpg

少し旋回してから近づいて来ました。 しっかりアブラゼミを掴んでいました。

_DSC9561.jpg

渡りは諦めて、ヤマガラを撮りました。 頭の天辺が変な模様(ボサボサ?)になっています。

_DSC9916.jpg

今年は実を咥えて帰るのがやたらと速い。 どうも、今年生まれた若が少ないのではないかと思います。 全体の数も去年より少ない感じだし。

_DSC9662.jpg

このシチュエーション(もちろんトリミングしていますが)ではD500でもピントが背景に取られてしまって合わないんですよね〜 試行錯誤しているうちにオート(全面から選択)の方が合いやすい事がわかりました。 オートの場合は上の葉っぱにピントが合うみたいです。 絞り開放だと微妙にずれているのかもしれませんが。

_DSC9939 (1).jpg

良い飛び出しが撮れました。

コメント(10) 

オオタカが落ちて来た [バードウォッチング]

_DSC8985.jpg

海辺に何かいるのを期待しましたが、アオサギ、クロサギ、イソシギくらい。 帆船はメキシコのクアウテモックか、チリのエスメラルダかと思って撮りましたが日本丸の様ですね。 ガスがかかっていて元の写真は真っ白です。


_DSC8989.jpg

いつもの池に行くと、これはキビタキのメスかな。 暗がりでピントが合わないのでマニュアルフォーカスで。


_DSC9149.jpg

上の広場にツバメが戻って来たというので行って見ました。 数十羽が盛んに虫を捕っています。 このコシアカツバメは随分若い様ですね。

_DSC9327.jpg

草原を飛んでいるツバメを撮るのは難しい。 花を背景、前景にとか思いましたがとんでもない話でした。


_DSC9084.jpg

更に先に行ってみると、ムシクイの仲間ですかね。 メジロに混じっていてちょこまか動くし暗いし、逆光だし上手く写せません。

_DSC9110.jpg

同じ木にサンコウチョウも混じっていました。 こちらはすこし大きいので比較的追いやすいですが、枝かぶりが酷くて。 もうちょっと天気が良くないと辛いですね。


_DSC9348.jpg

いつもの池に戻って東屋で休んでいると、東屋の屋根でドンと言う音がして目の前の草むらにトビが落ちて来ました。 300mmでノートリ。

_DSC9349.jpg

東屋の手摺りと柱に阻まれて上手く撮れないけど、一応撮っておくか。 で、良く見るとトビじゃありませんね。 この時同時にトビも周囲を飛んでいたんです。 どうやらオオタカがトビと喧嘩でもして落ちて来た様です。 完全に草むらにしゃがんでいる時がシャッターチャンスだったんですが、撮れていません。[もうやだ~(悲しい顔)]  この前見たオオタカの幼鳥かもしれませんね。


-------------------

話は変わりますが、実はこの1週間38度くらいの熱が下がらない状態が続いていました。 熱が有る以外は殆ど何も症状は無かったのですが、身内に高熱が続く病気で入院している者が居るので気になって医者に行って来ました。

ところが医者で2回測っても平熱でした。 更に先生が帰ってこないと言うので午後の診察がなかなか始まらない、そのうち具合の悪そうな人がどんどん溜まって来たので、私はもう少し様子を見ると言うことにして診察をせず帰って来ました。

帰りに薬局で体温計を買って来ました。 前から使っている体温計が壊れているかもしれないと思ったからですが、実際その通りで体温計が壊れていました。 ひどい時は2度くらい誤差がありました。

まったく〜、こんな事もあるのね。 1週間心配して損した!


コメント(8) 

捕食 [バードウォッチング]

_DSC8673.jpg

掃き溜めにサギ。 ダイサギ、クロサギ、アオサギが並んでいましたが、クロサギが顔を上げた時にはダイサギは飛んでしまいました。

_DSC8720.jpg

睡蓮に頭を突っ込んで蜜を吸う蝶。

_DSC8827.jpg

溺れたスズメバチに群がる鯉。 飲んでもすぐ吐き出していました。

_DSC8862.jpg

11時16分、2機続けて随分低空を飛んで行きました。 コースもいつもと違うし。 JAL機の緊急着陸の関係でしょうね。

_DSC8873.jpg

オオタカの幼鳥かな、ハイタカ族は久しぶりの様な...

_DSC8892.jpg

蜘蛛を麻痺させて宿主にするのでしょう。

_DSC8915.jpg

ベニシジミを捕ったハクセキレイ。 鱗粉がキラキラ飛んでいます。


コメント(4) 

ヤマガラ [バードウォッチング]

在庫から。

_DSC7089.jpg


_DSC7133.jpg

今年はヤマガラが少し少ないかな。 いつもより少し早い時期に見に行ったのでこれから増えるのかもしれませんが。

_DSC7751.jpg

ノスリがよく見られる様になってきました。

_DSC7733.jpg

この、多分サシバ、は8/28日のもの。 そろそろたくさん渡り始める頃ですかね。

_DSC7758.jpg

ひまわりにはカワラヒワが来て欲しいのですが、種が実ると刈ってしまうのでなかなかカワラヒワが止まるのが撮れません。

_DSC7830.jpg

背中が気になる亀。

_DSC7801.jpg

やっぱり新鮮な水がいいんでしょうね。

台風が過ぎた後に鳥見に行きたいのですが、用事が有って行けません。 こうなると何も出ないことを祈るのみ。^^;

コメント(8) 

オオハム [バードウォッチング]

yamagara22さんの見たオオハムがまだいるかと思って、海に行ってみました。 まだ暑いですね〜 オオハムはまだ居て比較的近くで撮れたので、午前中に帰ってきました。

_DSC8254.jpg

遠くの方にオオミズナギドリが居ましたが近くには来てくれません。

_DSC8296.jpg

xxカモメがフグを捕まえました。

_DSC8273.jpg

これは何だろうな、下尾筒に模様がありますね。

_DSC8373.jpg

チュウシャクシギと一緒に2羽何かが飛び立ったのですが、一番大きいのを追いかけたので、撮れたのはチュウシャクシギだけ。

_DSC8596.jpg

後ろの方でセッカが鳴くので気になってしまいます。 背中がなんかモフモフしすぎで、幼鳥かな。

_DSC8448.jpg

オオハムはさっきまでいたけど遠くに行ってしまった、という話だったけど、すぐまた近くに出てくれました。

_DSC8509.jpg

オオハムは初見です。 魚を捕るところを見たかったのですが、小さいのを捕ってすぐ飲み込んでしまうらしいし、岸壁のコンクリートが熱を持って来て熱いのでさっさと退散して来ました。

コメント(9) 

ムシクイ [バードウォッチング]

今日はヤマガラが目当てだったんですが、草刈りが入ってしまいヤマガラは殆どやってきません。 2回に1回は草刈りをやっている気がします。 ゴルフ場の芝刈りか!

上空を見ても風向きが悪いのか猛禽は飛びません。 しょうがないので、とにかく野鳥をと思って探しました。

_DSC7916.jpg

虫を食っていてもムシクイじゃ無い(その1)

_DSC8022.jpg

虫を食っていてもムシクイじゃ無い(その2)

_DSC7943.jpg

おっ、何かムシクイがいました。 しかし、スズメ、ヤマガラ、シジュウカラ、ホオジロ、コゲラ、メジロの混群になってしまっていて、なかなかムシクイだけ追うことができません。

_DSC7945.jpg

テレコンを入れているせいかなかなかピントが合ってくれません。 頭央線が見えました、センダイムシクイかな。 地鳴きもしていない様な気がしますが、セミの声が大きすぎて鳥の声なんだか空耳なんだかわからない状態です。^^;

_DSC7953.jpg

随分緑色が濃く、メジロかと思ってしまいます。

_DSC8075.jpg

下尾筒は黄色っぽいし、眉班や過眼線がはっきりしています。翼帯は2本の様にも見えるけどはっきりしているのは1本。 下嘴が一様に橙黄色。 足が肉褐色。 と言うことで、センダイムシクイで良いかと。

センダイムシクイはそれほど珍しいわけではありませんが、ここでは殆ど見た事が無かったし、10羽くらい群れで居た様な気がします。 渡りの途中ではないかと思います。

_DSC8097.jpg

帰りかけた頃、コオニヤンマがいました。 後足が長く、目玉が離れていて水平に止まっています。

_DSC6845.jpg

参考に、MFのオニヤンマ。 縦に止まり、目玉がくっついています。

コメント(8) 

ムシクイ [バードウォッチング]

_DSC7590.jpg

今日も暑かったですね。 ツバメたちも殆どどこか涼しい所に行ってしまった様です。 でも、あれっ? 3羽のコシアカツバメがまた泥を運び始めました。 また雛が出てくるんでしょうか。 前回泥を取って行った後には明確な巣立ちは確認できませんでしたが、これで3番子かな。


_DSC7560.jpg

最初メジロかなと思ったのですが、ウグイスかな。 でもセミの声にかき消されながらもウグイスとは違うピッ、ピッと言う地鳴きが聞こえました。 嘴の先端は黒っぽく、頭の上部が暗灰褐色、背中が緑褐色。 淡色の翼帯が二本。

_DSC7561.jpg

下尾筒は白く、足はピンク色。 眉班は白っぽくはっきりしていて前方はバフ色。 過眼線は暗褐色。 尾がウグイスの様に長く無い。

_DSC7562.jpg

頭央線が無い。

_DSC7579.jpg

下面が汚白色で、胸や脇が淡褐色。 エゾムシクイの特徴に一致しますね。

エゾムシクイはMFでは初見です。

コメント(5) 
前の10件 | - バードウォッチング ブログトップ